2011/01/09

「最新マーケティングサイエンスの基礎」を読んだ

「よく使われる統計モデルやデータ処理の方法を選び抜き、基本から解説。図と身近な事例で、イメージと実感をもって学べる1冊。実務に、専門書読解の助けに。」というアマゾンの内容説明と下記章建てにつられて購入してみたのだが、いやあ実に自分の数学力不足を認識したというか、数式部分はチンプンカンプン。

第1章 方法序説
第2章 知覚空間
第3章 選好空間
第4章 セグメンテーション
第5章 質的選択モデル
第6章 ベイズ推定
付録:数学的補足

殆ど数式は無視して読み進めたのだが、しかし結構本質的な部分を説いているので、その理解がきちんとできないと、そのモデルの落とし穴の解説も理解できない。これは朝野先生には「基礎」かもしれないが、一般大衆には難しすぎるのではないか。ページ数は多くないので、表面的に読むのに時間はそれ程掛からないけど。

つくづく統計をきちんと理解してマーケティングに結び付けるためのよい教科書というものの選定は難しい。計算式だけの統計本もあれば、エクセルなどを使い、実際の数字でどう使うかというような実践的なものもあれば、どのようなケースにどういう分析モデルを使うかといった考え方の本など幾つかのカテゴリーに分けられる。

実際手にとって自分のレベルや問題意識に合った内容かどうか確認してから購入することをお勧めする。

発行:講談社
著者:朝野煕彦
定価:2,400円+税
約170ページ



関連リンク:
「売れない時代に売る新常識」を読んだ
「絶対ブレない「軸」のつくり方」を読んだ 「ザッポス伝説」を読んだ
「入門Webデザインユーザビリティ」を読んだ
「戦略的データマネジメント」を読んだ
「facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ」を読んだ
「文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書」を読んだ、私には時間の無駄だった
「「オバマ」のつくり方」を読んだ
「ランチェスター思考 競争戦略の基礎」を読んだ
「エンジニアのための図解思考 再入門講座」を読んだ
「モバイルユーザビリティ・デザイン 新・100の法則」を読んだ
「marketing 3.0」を読んだ
「Google AdWords & Yahoo!リスティング広告対応 リスティング広告 成功の法則」を読んだ
「プロフェッショナル・アドバイザー」を読んだ
「ウェブ分析論」を読んだ
「WordPress レッスンブック」を読んだ
「課題解決!マーケティング・リサーチ入門」を読んだ
「バイラル・ループ」を読んだ
「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」を読んだ
「論理的に説明する技術」を読んだ
「メディア・リテラシー入門」を読んだ
「わかりやすく伝える技術」を読んだ
「トリプルメディアマーケティング」を読んだ
「<わかりやすさ>の勉強法」を読んだ
「伝える力」を読んだ
「発想力を鍛える 数字の読み方 練習帳」を読んだ
「相手に「伝わる」話し方」を読んだ
「アクセス解析によるWebサイト改善術」を読んだ
「費用対効果がみえる広告」を読んだ
「知りたいことは「面」に聞け」を読んだ
「私にはもう出版社はいらない」を読んだ
「ITの専門知識を素人に教える技」を読んだ
「もうひとつのプレゼン 選ぶ側の論理」を読んだ
「世界最強のプレゼン術」を読んだ
「マーケティング・メトリクス」を読んだ
「携帯サイトアクセス解析」を読んだ
Google Appsではじめるオフィス・イノベーションを読んだ
プロが教えるGoogle Analytics実践テクニックを読んだ
IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計を読んだ
「現場でプロが培ったGoogle Analyticsの使い方」を読んだ
Google Analytics 完全解説を読んだ
「SEOを強化する技術」、ウェブアナリストにも必携か
「Excelビジネス統計分析」を読んだ
「リードナーチャリング」を読んだ
「Web Analytics 2.0」は「Webアナリスト養成講座」より衝撃は小さい
「ウェブ営業力」を読んだ、KPIの深堀りが欲しかった
石井研二氏の「Google Analyticsアクセス解析の極意」を読み終わった
新版アクセス解析の教科書を読み終わった

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

浅野さんの本は何冊か買っています。そのなかで、これが私にはいちばん難しそうですが、衣袋さんの強力な推薦もあったので、本屋で中をよく見ずに買っちゃいました。 

衣袋 宏美(いぶくろ ひろみ) さんのコメント...

いえいえ全然強力に推薦してない積りなんですけど^ ^。頑張って読破して下さい。コメントありがとうございました。