2020/11/16

Google アナリティクス「セグメント機能」徹底解説セミナーの資料販売について(11/30更新)

資料を販売することの概要についてはこちらをご覧ください。このページでは、その中のGoogle アナリティクス「セグメント機能」徹底解説セミナーの資料販売に関する情報です。随時情報更新していきます

販売サイトとスケジュール(11/30更新)
販売サイト:近日公開予定(本ページにリンクを貼ります)
過去受講者からの購入希望メール受付(~2020/11/27)
過去受講者への先行優待販売(11/30-12/1) ← 11/30現在ここ
一般販売(12/7~12/28)

2020/11/24更新情報
Googleアナリティクス「セグメント機能」徹底解説セミナーに関する情報(対象者、資料の前提や内容詳細など)を追記しますので、ご参考にしてください。

対象者:
・基本的な指標やディメンションの定義を理解していること(Google アナリティクス ゼミナールを既に受講していると尚可)
・セグメント機能を利用した経験があり、自分で新しいセグメントを作成したことがあること
・Google アナリティクスのセグメント機能をもっと正しく活用したいと考えている方

資料の前提:
・ユニバーサル アナリティクス(無料版)の、通常レポート画面上で動作する「セグメント機能」

内容(概要):
・セグメント機能の仕組み、どのように動作するのかという内容が中心です
・セグメント機能をどのようにして分析に役立てるか活用事例を多く聞きたい方には適していません
・応用もできるように、どのように動作するのか、各種設定や機能の意味についても丁寧に解説しています

内容(詳細版):
スライド枚数:247枚(販売サイトで12スライドを確認できます)
スライド収録順に以下の内容となっております。

・セグメント機能の概要と操作
・セグメントの2大分類(ユーザーフィルタとセッションフィルタ)について
・セグメント条件で指定するスコープ(ユーザー、セッション、ヒット、商品)について
・標準で用意されている21個のセグメントの仕様
・セグメントビルダの使い方
・セグメントビルダで用意されているテンプレート(ユーザー属性、テクノロジー、行動、最初のセッションの日付、トラフィック、eコマース)の動作仕様
・セグメントビルダの「条件」でユーザー/セッションフィルタを使用し、ディメンションや指標の様ざまな組み合わせ条件での動作仕様
・セグメントビルダの「シーケンス」でユーザー/セッションフィルタを使用し、ディメンションや指標の様ざまな組み合わせ条件での動作仕様
・セグメント条件の組合せ(AND、OR、NOT、NOR)の方法と使用時の動作仕様
・標準で用意されているコンバージョンセグメントの動作仕様
・コンバージョンセグメントにおけるユーザー定義セグメントの作り方と動作仕様
・ユニークなセグメント設定例


以下は2020/11/16更新情報
概要ページにも書いた通り、まずは該当講座の過去受講者に対して特別価格で提供し、その後一般販売する予定です。まだ申込サイトは未定ですが、まずは過去受講者から購入希望メールを受付開始します。メール受付期限は2020/11/27(金)までですので、ご注意ください。これ以降になりますと、この特典は利用不可となり、一般販売の対応となります。


過去受講者の方で資料購入希望の方は otoiawase@gaforum.jp 宛に、下記の要領でメールをお願いします。これは正式購入申し込みではありません。今後決定する販売サイトのページへの閲覧パスワードやクーポンコードなどの連絡を個別にさせて頂くために必要なプロセスとなります。

メールタイトル:「セグメント機能」徹底解説セミナーの資料希望
メール本文に必要な情報:
1.姓名(漢字)姓と名の間には全角ブランクを入れてください
2.姓名(カタカナ)姓と名の間には全角ブランクを入れてください
3.連絡用メールアドレス
4.申込した過去の「「セグメント機能」徹底解説セミナー」の開催年月日
5.その申込した確証(お名前と該当講座名や日時が記載されている、注文受付メールやチケットなどの画面キャプチャー画像)となるファイルを添付してください。

確認メールを3営業日以内にお返事します。その後、実際の販売申込サイトが準備次第、またご連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

0 件のコメント: