2020/10/17

2020/8広告業売上、全体では前年同月比17.8%減、マス4媒体は同21.0%減、ネット広告は同4.7%減

2020/10/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で17.8%減。消費増税と新型コロナ禍の影響か、大幅な減少が続いている。3カ月ぶりに、全分類がマイナスとなった。

テレビは同19.4%減、新聞は24.8%、雑誌は48.3%減。インターネット広告は4.7%減。屋外広告は26.4%減。交通広告は31.8%減。折込・ダイレクトメールは26.1%減。

マス4媒体は11カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは64カ月連続、折込み・ダイレクトメールは45カ月連続マイナスといった状況。

新型コロナ禍でリアルイベントの縮小や人の移動自粛、繁華街からの混雑緩和などからか、「屋外広告」「交通広告」「SP・PR・催事企画」は概ね4月以降大幅減が続いている。



2020/09/17

2020/7広告業売上、全体では前年同月比19.8%減、マス4媒体は同26.2%減、ネット広告は同9.8%減

 2020/9/15の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で19.8%減。消費増税と新型コロナ禍の影響か、大幅な減少が続いている。

テレビは同24.5%減、新聞は33.8%、雑誌は45.1%減。インターネット広告は9.8%減。屋外広告は32.8%減。交通広告は38.7%減。折込・ダイレクトメールは26.6%減。

インターネット広告は二けたのマイナスは2カ月連続で辛うじてストップ。マス4媒体は10カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは63カ月連続、折込み・ダイレクトメールは44カ月連続マイナスといった状況。

新型コロナ禍でリアルイベントの縮小や人の移動自粛、繁華街からの混雑緩和などからか、「屋外広告」「交通広告」「SP・PR・催事企画」は概ね4月以降大幅減が続いている。



2020/08/19

2020/6広告業売上、全体では前年同月比21.8%減、マス4媒体は同29.0%減、ネット広告は同17.8%減

 2020/8/18の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で21.8%減と新型コロナ禍の影響か、大幅な減少が続いている。

テレビは同29.0%減、新聞は24.9%、雑誌は56.1%減。インターネット広告は17.8%減。屋外広告は31.6%減。交通広告は33.5%減。折込・ダイレクトメールは38.2%減。

インターネット広告は2カ月連続で二けたのマイナスに。マス4媒体は9カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは62カ月連続、折込み・ダイレクトメールは43カ月連続マイナスといった状況。

「その他」の分類がプラスに転じたので、すべての分類でマイナスとなったのは2カ月で終わりとなった


2020/07/17

2020/5広告業売上、全体では前年同月比30.9%減、マス4媒体は同27.8%減、ネット広告は同18.5%減

2020/7/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で30.9%減。統計の確認できる1989年1月以降で最悪の記録となった先月をさらに更新。

テレビは27.3%減、新聞は29.0%、雑誌は41.5%減。インターネット広告は18.5%減。屋外広告は9.1%減。交通広告は32.3%減。折込・ダイレクトメールは63.2%減。

インターネット広告は二けたのマイナスに。マス4媒体は8カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは61カ月連続、折込み・ダイレクトメールは42カ月連続マイナスといった状況。

また、すべての分類でマイナスとなった先月は、2009年9月以来の出来事だったが、それが2カ月連続となった。


2020/06/29

Google アナリティクスのセグメント講座(2020年10月実施分)の申込みを開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。内容詳細とお申込みはこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのセグメント機能に焦点を当てた講座です。普段からセグメント機能は利用しているが、半分もその能力を引き出せていないと感じている中級以上の方々を対象とした講座です。参加者全員に非売品の「セグメント機能完全マニュアル(PDF、191ページ)」を進呈します。


[開催日時] 
2020年10月8日 火曜日 13:00~17:00


[開催場所] 
新大宗ビル FORUM8、1204会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル12階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[早割価格] 41,800円(税込) 2020年8月24日までの申込みに適用
[通常価格] 46,200円(税込) 2020年8月25日以降の申込みに適用

Google アナリティクスのカスタムレポート講座(2020年9月実施分)の申込みを開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。内容詳細とお申込みはこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのカスタムレポートに焦点を当てた講座です。カスタムレポートはディメンションと指標を自由に組み合わせられるレポート形式ですが、中級者でもページとコンバージョン率を組み合わせるなどの誤用が普通に行われています。そのディメンションと指標の様ざまな組合せによる集計仕様を中心に解説します。


[開催日時]
2020年9月8日 火曜日 13:00~17:00


[開催場所]
新大宗ビル FORUM8、1204会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル12階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
早割価格:41,800円(税込) 2020年7月24日までの申込みに適用
通常価格:46,200円(税込) 2020年7月25日以降の申込みに適用

2020/06/15

2020/4広告業売上、全体では前年同月比21.3%減、マス4媒体は同20.4%減、ネット広告は同7.0%減

2020/6/15の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で21.3%減。統計の確認できる1989年1月以降で最悪の記録だ。

テレビは18.1%減、新聞は32.9%、雑誌は26.0%減。インターネット広告は7.0%減。屋外広告は26.1%減。交通広告は21.5%減。折込・ダイレクトメールは54.2%減。

インターネット広告は再びマイナスに。マス4媒体は7カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは60カ月連続、折込み・ダイレクトメールは41カ月連続マイナスといった状況。

また、すべての分類でマイナスで、これは2009年9月以来の出来事だ。今回は新型コロナウイルスの影響が甚大だったようだ。


2020/05/20

2020/3広告業売上、全体では前年同月比4.6%減、マス4媒体は同9.0%減、ネット広告は同0.3%増

2020/5/20の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で4.6%減。テレビは5.6%減、新聞は21.4%、雑誌は17.9%減。インターネット広告は0.3%増。

2カ月連続マイナスだったネット広告はかろうじてプラスに。マス4媒体は6カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。

雑誌のマイナスは59カ月連続、折込み・ダイレクトメールは40カ月連続マイナスといった状況。


2020/04/16

2020/2広告業売上、全体では前年同月比2.2%減、マス4媒体は同3.9%減、ネット広告は同2.0%減

2020/4/15の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で2.2%減。テレビは3.8%減、新聞は4.2%、雑誌は6.4%減。インターネット広告は2.0%減。

ネット広告は2カ月連続でマイナス2.0%に。マス4媒体は5カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。

雑誌のマイナスは58カ月連続、折込み・ダイレクトメールは39カ月連続マイナスといった状況。


2020/03/23

2020/1広告業売上、全体では前年同月比1.7%減、マス4媒体は同7.6%減、ネット広告は同2.0%減

2020/3/23の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で1.7%減。テレビは6.2%減、新聞は13.8%、雑誌は10.8%減。インターネット広告は2.0%減。

ネット広告が3カ月連続で1%以下と低迷が続いていたが、ついにマイナスに。マス4媒体も4カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。

雑誌のマイナスは57カ月連続、折込み・ダイレクトメールは38カ月連続マイナスといった状況。