2015/04/21

2015/2広告業売上、全体では前年同月比0.2%減、ネット広告は9.8%増

2015/4/20の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で0.2%減。前年同月の伸びの影響かテレビは8.4%減、新聞は二けた減などで、マス4媒体はすべてマイナスで、全体でも9.3%減。インターネット広告は9.8%増と連続二けた増は4か月でストップ。


2015/04/18

Google アナリティクス解析講座(ゼミナール)の申込み(2015/7月実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのデータ収集の仕組み、トラッキングコードのカスタマイズ、計測のための準備やアカウント設計、指標やディメンションの定義、レポートに共通の機能、各レポートの見方、レポートの各種カスタマイズ法など、Google アナリティクスの機能を最大限に引き出せる知識を学んで頂きます。もちろんユニバーサル アナリティクスにも対応しています。


Part1:基本用語解説
Part2:データ収集の仕組み
Part3:主なレポートや機能
Part4:指標とディメンション、セグメント機能
Part5:全体の設計と諸設定
Part6:その他のレポートや機能
Part7:トラッキングコードの各種カスタマイズ
Part8:カスタムレポートとデータ連携
Part9:補助ツール群


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2015年7月 9日 木曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2015年7月16日 木曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1103会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル11階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アナリティクス アソシエーション 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[一般申込・アナリティクス アソシエーション 無料会員] 95,040円(税込)


さらに早期申込み割引があります。

2015/04/16

サイト内回遊分析を、簡単・短時間にGoogleアナリティクスでできるセグメントを紹介(セグメント100選 第50回)

Web担当者Forumの2015/4/16の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/04/16/19722

サイトの回遊状況を適切に把握することは、意外と難しいものです。ランディング ページ、ディレクトリ、すべてのページなどのレポートやコンテンツグループなどもありますが、セグメント機能を使ってコンテンツ回遊を促進するためのヒントを発見できないかということです。

具体的なセグメントは下記です。
・ランディング ページが特定ディレクトリのセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/04/09

「今週のオススメ商品」は効いているのか? 実際の閲覧→購買をデータで検証するには?(セグメント100選 第49回)

Web担当者Forumの2015/4/9の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/04/09/19722

eコマースサイトのセールは、手間ひまをかけただけの成果があったのかを検証せずに、惰性でやっていないでしょうか。

メルマガからなどの集客施策による訪問を除いた条件で、セールの内容を見たことが購買意欲を高め、成果に結びついたのかを調べたいというのが、今回のセグメントです。

具体的なセグメントは下記です。
・トップページから閲覧を開始し、セールページを閲覧したセッション
・トップページから閲覧を開始し、セールページを閲覧していない2ページ以上閲覧セッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/04/02

コンバージョン率が一瞬で高くなる!? 関係ない訪問を除いた真のコンバージョン率を調べてみよう(セグメント100選 第48回)

Web担当者Forumの2015/4/2の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/04/02/19669

ユーザーは、必ずしも購入目的でeコマースサイトに訪問するとは限りません。購入をコンバージョンとして集計したい場合、コンバージョン率算出の母数にサポート目的の訪問を含めるのは、合理的ではないでしょう。

そういった訪問をあらかじめ除いてコンバージョン率を算出したいというのが、今回のセグメントです。

具体的なセグメントは下記です。
・eコマースサイトで、「検索エンジンからサポートページ群に入ってきた訪問」を除く
・企業サイトを兼ねるB2Bサイトで、「トップページから閲覧を開始し、会社の地図ページへ移動した訪問」を除く
・実際の店舗がある企業のサイトで、「スマートフォンで店舗情報ページ群を閲覧した訪問」を除く

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/03/26

“お久しぶりユーザー“は、何をきっかけに再訪してくれたのか? Googleアナリティクスで突き止めよう(セグメント100選 第47回)

Web担当者Forumの2015/3/26の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/26/19620

メディアサイトやeコマースサイトなどでは、いったんユーザーに覚えてもらったら定期的にサイトを訪問してもらえれば集客は効率的になります。しかし現実はなかなかそういったことにはならず、「一見(いちげん)さん」で終わる可能性も高いのではないでしょうか。

そういった「お久しぶり」再訪問ユーザーの行動をうまく活用して、集客のためのヒントが導き出せないだろうかというのが今回のセグメントです。

具体的なセグメントは下記です。
・セッションの間隔が45日以上のセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/03/19

“じっくりWeb閲覧ユーザー”を分析して、ファンになったきっかけのコンテンツを探ろう(セグメント100選 第46回)

Web担当者Forumの2015/3/19の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/19/19569

メディアサイトやB2B系サービスサイトで、関心の高いユーザーは必ず一度は深い閲覧行動を示していることが多いのではないでしょうか。

その重要なきっかけの訪問を捉えようというのが今回のセグメントです。

具体的なセグメントは下記です。
・3ページ以上閲覧し、かつ5分を超えて滞在しているセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/1広告業売上、全体では前年同月比0.6%増、ネット広告は14.6%増で二桁増

2015/3/18の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で0.6%増。テレビは±0.0%、新聞と雑誌は再びマイナス。マス4媒体は1.9%減。インターネット広告は14.6%増と4か月連続二けた増。

2015/03/12

問い合わせページに「来た」のに「問い合わせしなかった」見込み客の行動を分析するには?(セグメント100選 第45回)

Web担当者Forumの2015/3/12の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/12/19524

B to B(企業間取引)系サービスのWebサイトでお問い合わせページ」に来たのに、結局問い合わせをしない場合が多いでしょう。そういった可能性の高い潜在顧客の行動から、施策につながるヒントを得られないでしょうか。

可能性の高い潜在顧客について理解を深めるセグメントを使ってみます。

具体的なセグメントは下記です。
・「資料請求ページ」や「問い合わせページ」を閲覧したセッション
・「資料請求ページ」や「問い合わせページ」を閲覧したユーザー


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2015/03/05

検索連動型広告からやってきたけど非購入だったユーザーが、その後の訪問で購入したかどうかを調べるには?(セグメント100選 第44回)

Web担当者Forumの2015/3/5の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/05/19464

広告で初めて、そのサイトや会社、商品/サービスを知ったユーザーは、潜在顧客として非常に重要です。そのユーザーが初回訪問で成約に至らなかったとしても、別のサービスなどと比較して、また戻って来て購入やサービス契約に至ることもあります。

その後成約に至ったのかを追えるセグメントを使ってみます。

具体的なセグメントは下記です。
・非ブランドワードによる検索連動型広告で初回訪問時に非購入だったユーザー

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧