2014/12/18

2014/10広告業売上、全体では3.9%増、ネットは14.9%増で再び二桁増に

2014/12/17の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で3.9%増。テレビは2.9%増、新聞は6カ月連続のマイナス。マス4媒体はプラスに。

インターネット広告は14.9%増で再び二桁増に。屋外広告は2014年に入って10か月連続マイナス。

「コンバージョンしたセッション」の参照元を鵜呑みにするな! 流入施策には正確な参照元情報を使おうセグメント100選 第35回)

Web担当者Forumの2014/12/18の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/12/18/18931

集客系のレポートで利用される「参照元」は必ずしも実際のリファラー情報を利用していません。実際のリファラー情報に基づく「マルチチャネル」レポートで成果に紐付く集客チャネルを把握しましょう。

そこで今回は終点がノーリファラーでコンバージョンした条件に絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・終点がノーリファラーのコンバージョンセグメント

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/12/11

購入頻度の高いユーザーの行動を分析して、売り上げアップにつながる施策を考えるには?(セグメント100選 第34回)

Web担当者Forumの2014/12/11の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/12/11/18876

購入頻度が直近(たとえば30日間)で高い顧客の特徴は何でしょうか? その情報から、他の顧客の購入頻度などを伸ばし売り上げを向上させるような施策を考えられないでしょうか。

そこで今回は期間内にリピート購入したユーザーに絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・(30日で)2回以上購入しているユーザー

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/12/04

ソーシャルメディアから来たユーザーの行動からニーズを推測し、集客やサイト改善に役立てるには?(セグメント100選 第33回)

Web担当者Forumの2014/12/4の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/12/04/18838

自社で行っているソーシャルメディア活動以外にも、さまざまなソーシャルメディアで良くも悪くも自社のサイトに言及され、そこからもサイトへの訪問があります。これらのユーザーを理解し、適切な対応をしたいものです。

そこで今回はソーシャルメディア経由で一度でも訪問したユーザーに絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・ソーシャルメディアから集客したユーザー

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/11/27

サイト内検索キーワードはニーズの宝庫! データを分析してコンテンツ作成に役立てるには?(セグメント100選 第32回)

Web担当者Forumの2014/11/27の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/11/27/18770

サイト内検索したユーザーは、直帰もせずにサイト内で情報探索に熱心なユーザーです。この熱心なユーザーを理解し、適切な対応をしたいものです。

そこで今回はサイト内検索したユーザーに絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・サイト内検索を実行したセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/11/20

情報を求めて検索エンジンから来るユーザーにサイトが適切に対応できているか分析するには?(セグメント100選 第31回)

Web担当者Forumの2014/11/20の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/11/20/18714

自社の「会社名」や「商品/サービス名」、それらの複合語の検索キーワードのことを「ブランド ワード」といいます。その「ブランド ワード」以外で検索して訪問してきたユーザーに対して適切に対応できているでしょうか。

そこで今回は一般的なニーズを表すキーワードで検索して訪問するユーザーに絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・指名検索以外の「一般ワード」検索によるセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/11/19

2014/9広告業売上、全体では1.6%増、ネットは7.4%増で二けた増は8か月でストップ

2014/11/18の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で1.6%増。テレビは0.1%増、雑誌/新聞/ラジオはマイナスでマス4媒体合計でもマイナス

インターネット広告は7.4%増で二桁増8か月連続でストップ。屋外広告は2014年に入って9か月連続マイナス。

2014/11/13

ブランドワードで指名検索して訪問するユーザーに適切に対応できているか分析するには?(セグメント100選 第30回)

Web担当者Forumの2014/11/13の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/11/13/18663

自社の「会社名」や「商品/サービス名」、それらの複合語の検索キーワードのことを「ブランド ワード」といいます。その「ブランド ワード」で検索して、目的を持ってサイトに訪問してくるユーザーに対して適切に対応しているでしょうか。

そこで今回はブランドワードで検索して訪問するユーザーに絞り込んで、データを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・「ブランド ワード」検索によるセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/11/08

アクセス解析講座(ゼミナール)の申込み(2015年1月実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、アクセス解析の講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
アクセス解析の仕組みや取得するデータの定義・意味、3大手法の特徴を知った上で、導入計画から実装、分析と運用までのプロセス、そして目的に応じた分析をするための手順と指標とその扱い方や見る頻度、各種データを解釈する上での留意点などを習得してもらいます。ツールに依存しない知識や分析手法を習得して頂きます。


Part1:訪問者の特性把握の演習とアクセス解析3手法
Part2:サイトの特徴を把握する演習とツール導入プロセス
Part3:サイトへの流入分析の講義と演習
Part4:サイト内の行動遷移分析の講義と演習
Part5:キャンペーン分析の講義と演習
Part6:KPIの設定方法、アクセス解析以外の定量・定性分析手法


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2015年1月22日 木曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2015年1月29日 木曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1208会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル12階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アクセス解析イニシアチブ 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[アクセス解析イニシアチブ 無料会員・一般申込] 95,040円(税込)


早割があります。

2014/11/06

どれぐらいのユーザーがリピーターとして定着しているかを、期間を区切って分析するには?(セグメント100選 第29回)

Web担当者Forumの2014/11/6の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/11/06/18591

多くの人は[ユーザー]>[行動]>[リピートの回数や間隔]というレポートの「リピートの回数」レポートを使っているのではないでしょうか。しかしこのリピートの回数とは、「集計期間に何回訪問したのか」なく、個々のユーザーが過去から累積して何回目の訪問かを表します。

そこで期間内にどれだけ繰り返し訪問したかという意味での「リピーター」視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・集計期間内に○回訪問したユーザー
・集計期間内に△回以上▽回以下訪問したユーザー

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧