2017/01/21

2016/11広告業売上、全体では前年同月比3.2%減、マス4媒体は0.4%減、ネット広告は同12.8%増

2017/1/20の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で3.2%減。テレビは0.7%増、新聞は2.4%減、雑誌は9.1%減。紙媒体はまだ反転せずインターネット広告は12.8%増。


2017/01/19

「(not provided)」って何? Googleアナリティクスで訪問者の検索キーワードを知るには(新GA入門講座 第28回)

Web担当者Forumの2017/1/19の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/01/19/24773

検索エンジンからの訪問での検索キーワードについての解説。

・訪問者がどんなキーワードを検索してサイトに訪れたかがわかる
・「(not provided)」と表示される仕組みと対処方法がわかる
といった話

2017/01/12

Webサイト全体の集客状況をチェックするには? GAの[チャネル]レポートを活用する(新GA入門講座 第27回)

Web担当者Forumの2017/1/12の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/01/12/24674

[チャネル]レポートについての解説。

・サイトの集客状況の全体像がわかる
・Googleアナリティクス標準の9種類のチャネルグループの見方がわかる
といった話

2017/01/11

Google アナリティクスに関する詳細記事の有料販売を開始

note(ノート)で、Google アナリティクスに関する詳細な記事の販売を開始しました。
https://note.mu/ibukuro

仕事柄、Google アナリティクスに関する詳細な集計仕様などの調査をたびたび行っているのですが、ブログやWeb担当者Forumの連載に載せるような初心者向けでもないし、アクセスを稼ぐ効果も期待できません。

だったら、有料で販売するかということで、始めました。ネタはそこそこ湧いてくるので、事欠かないと思います。プロの人は知っておいた方がいいと思いますよ、といったネタが中心になると思います。そしてその方々は自分で何時間も調べるくらいなら、ささっとお金で解決するでしょうし。ということで、お金持ちの方、どしどし購読してください。宜しくお願いします。

初回は「ページの価値」の計算方法についての詳細解説です。これも意外と、ヘエ~、そうだったのと思うような仕様だったりするんですよ。まあこの指標を重要指標にして、駆使している方々はごく僅かだと思うので、一般の人は知らなくてもいいと思いますが。

公開した記事は随時下記にリンクを追記していきます。さらに約束はできませんが、順不同で予定も掲載しておきます。

ページの価値の計算方法の詳細(2017年1月10日公開、980円)
・ え、そこが「目標の完了場所(目標URL)」になるの?!(予定、680円)
・ 「ユニークなディメンションの組み合わせの数」とは何で、どう使うのか(予定、980円)
・ ページ滞在時間と平均ページ滞在時間との違い、さらに平均セッション時間も加えてイベントがあった場合の集計仕様(予定、1,980円)
・ New Visitorの割合と新規セッション率の違い、新規ユーザーとは?(予定、1,980円)

2016/12/22

GAでメルマガの成果がわかる! 正しく“参照元”を分類するパラメータの書き方を覚えよう(新GA入門講座 第26回)

Web担当者Forumの2016/12/22の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/12/22/24624

カスタムキャンペーンパラメータについての解説。

・カスタムキャンペーンパラメータの指定方法がわかる
・メールマガジンを分類して集計できるようになる
といった話

2016/12/20

Google アナリティクス中級講座(ゼミナール)の申込み(2017/3月実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのデータ収集の仕組み、トラッキングコードのカスタマイズ、計測のための準備やアカウント設計、指標やディメンションの定義、レポートに共通の機能、各レポートの見方、レポートの各種カスタマイズ法など、Google アナリティクスの機能を最大限に引き出せる知識を学んで頂きます。従来のGoogle アナリティクスと新しいバージョンのユニバーサル アナリティクスにも対応、User-ID機能や計算指標などの最新情報まで盛り込んでいます。GAIQ取得にも役に立ちます。


Part1:基本用語解説
Part2:データ収集の仕組み
Part3:主なレポートや機能
Part4:指標とディメンション、セグメント機能
Part5:全体の設計と諸設定
Part6:その他のレポートや機能
Part7:トラッキングコードの各種カスタマイズ
Part8:カスタムレポートとデータ連携
Part9:補助ツール群


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2017年3月 7日火曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2017年3月14日火曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1206会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル12階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アナリティクス アソシエーション 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[一般申込・アナリティクス アソシエーション 無料会員] 95,040円(税込)


さらに早期申込み割引があります

アクセス解析講座(ゼミナール)の申込み(2017年2月実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、アクセス解析の講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
アクセス解析の仕組みや取得するデータの定義・意味、3大手法の特徴を知った上で、導入計画から実装、分析と運用までのプロセス、そして目的に応じた分析をするための手順(つまり分析の型)、指標とその扱い方、各種データを解釈する上での留意点などを習得してもらいます。ツールに依存しない知識や分析手法を習得して頂きます。


Part1:アクセス解析への取り組み方、解析3手法、訪問者の行動特性把握の演習
Part2:基本用語解説、人気コンテンツからサイトの特徴を把握する演習
Part3:アクセス解析サービス導入プロセス、サイトへの流入分析の講義と演習、セグメントの活用
Part4:サイト内の行動分析の講義と演習
Part5:キャンペーン分析の講義と演習
Part6:KPI設定(定期レポート作成)の講義と演習、アクセス解析以外の定量・定性分析手法


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2017年2月16日 木曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2017年2月23日 木曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1202会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル12階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アクセス解析イニシアチブ 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[アクセス解析イニシアチブ 無料会員・一般申込] 95,040円(税込)


早割があります。

2016/12/17

2016/10広告業売上、全体では前年同月比3.7%増、マス4媒体は1.9%増、ネット広告は同19.6%増

2016/12/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で3.7%増。テレビは5.2%増、新聞は7.2%減、雑誌は12.3%減。紙媒体はまだ反転せずインターネット広告は19.6%増。


2016/12/15

Googleアナリティクスの「参照元」は過去にさかのぼる。GA独自の定義を正しく理解する(新GA入門講座 第25回)

Web担当者Forumの2016/12/15の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/12/15/24591

Google アナリティクスの風変りな“参照元”についての解説。

・Googleアナリティクス独自の“参照元”の定義を知る
・定義の違いで起きる影響を知る
といった話

GAの「参照元」はかなり特殊!? 「どこから来たか」を表す参照元について知ろう(新GA入門講座 第24回)

Web担当者Forumの2016/12/8の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/12/08/24523

まずは一般的な「参照元」についての解説。

・一般的に使われている「参照元」がわかる
・「参照元なし」の内訳を知る
といった話