2014/10/23

平日と休日で実施する集客施策や見せるコンテンツを変えるべきかを判断するには?(セグメント100選 第27回)

Web担当者Forumの2014/10/23の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/10/23/18494

サイトのタイプや提供している内容によって、その利用パターンはさまざまな顔を見せる。たとえば典型的なB to Bサイトであれば、休日の利用は少ないといった特徴が出ているでしょう。

平日と休日でユーザー行動が異なるのかを参考にすることで、平日と休日で少し違うコンテンツを見せる、あるいは異なる集客施策が有効かもしれないといったヒントを得られないだろうかという視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・平日(月曜日~金曜日)の利用セッション
・休日(土曜日と日曜日)の利用セッション


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/10/18

2014/8広告業売上、全体では0.8%増、ネットは20.4%増と8か月連続二けた増

2014/10/17の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で0.8%増。テレビは1.9%増だが、雑誌/新聞はマイナスラジオは2カ月連続でプラスに。

インターネット広告は20.4%増と8か月連続二桁増。屋外広告は2014年に入って8か月連続マイナス。



2014/10/16

Webコンテンツの公開は何時ごろが良いのか、朝昼夜の閲覧行動を把握して判断するには(セグメント100選 第26回)

Web担当者Forumの2014/10/16の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/10/16/18439

利用時間に応じて、その利用場所、利用機器、利用目的、緊急度、アクセス方法(検索エンジン経由なのか、ブックマークからなのかなど)、閲覧コンテンツなどにどのような違いがあるのでしょう。またそれを知ることで、どのようなタイミングで、どのようなコンテンツを見せたらよいのかを考えるヒントを得られないだろうかという視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・朝方(たとえば午前7時~9時)の利用セッション
・昼休み(午後0時台)の利用セッション
・夜(たとえば午後9時~12時)の利用セッションセッション


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/10/09

スマホユーザーがなぜ直帰するのかを分析して、スマホ向けLPを改善するには?(セグメント100選 第25回)

Web担当者Forumの2014/10/9の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/10/09/18399

スマートフォンからのサイト閲覧は表示スペースが狭いために、ちょっとしたことでも、次のページへ進まずに諦めてしまうことが多いでしょう。モバイル環境からの利用で1ページしか閲覧しないセッションをよく見ていくことで、モバイル環境からの閲覧に対してもっと上手に対応する方法を考えるヒントを得られないだろうかという視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・スマートフォンで閲覧し、直帰したセッション
・スマートフォンで閲覧し、直帰しなかったセッション


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/10/02

新規ユーザーがコンバージョンした成功の要因を分析して、他のページに活かすには?(セグメント100選 第24回)

Web担当者Forumの2014/10/2の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/10/02/18345

B to Bサイトなどでいきなり商談が成約(サービス申し込み)することはほとんどないだろうが、資料請求を「コンバージョン」と定義しているなら、新規訪問でコンバージョンに至ることはそれほど不思議なことではありません。新規訪問なのに、そのままコンバージョンに至った成功パターンから、成功の要因を学べないかという視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・新規訪問でコンバージョンしたセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/09/25

新規ユーザーがなぜ直帰するのかを分析して、ランディングページを改善するには?(セグメント100選 第23回)

Web担当者Forumの2014/9/25の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/09/25/18285

「直帰率」が高いことは、多くの訪問がサイト内を回遊してくれなかったことを意味するので、良くないことだと言われます。今回は特に「新規訪問ユーザーが直帰した訪問」に焦点を当てることで、初回訪問のもてなしがきちんとうまくいっていないのではないかという視点でデータを見てみることにします。

具体的なセグメントは下記です。
・新規訪問で直帰したセッション
・新規訪問で直帰しなかったセッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/09/18

高額購入ユーザーの属性・来訪経路・購入商品の特徴をアクセス解析データで分析するには?(セグメント100選 第22回)

Web担当者Forumの2014/9/18の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/09/18/18252

新規ユーザーを回転よく獲得するよりも、高頻度の購買ユーザーや一定額以上の購買ユーザーを増やすほうが、ビジネスとしての効率は良いです。一定額以上の購買ユーザーに焦点を当てて、そこからさらに成果を上げるためのヒントを探る方法を考えようというのが、今回の趣旨です。

具体的なセグメントは下記です。
・eコマースサイトで一定金額以上を購入しているユーザー

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/09/17

2014/7広告業売上、全体では5.8%増、ネットは14.5%増と7か月連続二けた増

2014/9/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で5.8%増。テレビは3.9%増だが、雑誌/新聞はマイナス。インターネット広告は14.5%増と7か月連続二桁増。ラジオは28カ月ぶりにプラスに。

2014/09/16

Google アナリティクスで本当のユーザー単位の分析をするには

Google アナリティクスのUser ID機能を使えば本当のユーザーの動きがわかるみたいな少し期待を持たせすぎな記事が多いのですが、User IDの機能では多くのことはわかりません。

より正確にユーザー単位の分析をするための方法について集中して書いた3つの記事をGAフォーラムにアップしましたので、まとめてどうぞ。簡単に言えば、User IDとclientIDを二つのカスタム ディメンションに格納し、個々の動きを可視化しようという話です。

ユニバーサル アナリティクスでクライアント ID を表示して、個々人の行動分析をするには

ブラウザを特定するclient ID と同一ユーザーを特定するUser ID を表示して、個人の行動分析をより正確に行うには

clientIdやUser ID毎の生データはQuery Explorer 2で抜き出して、本当のユーザー単位の分析をしよう

Google アナリティクス解析講座(ゼミナール)の申込み(2014/12月実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのデータ収集の仕組み、トラッキングコードのカスタマイズ、計測のための準備やアカウント設計、指標やディメンションの定義、レポートに共通の機能、各レポートの見方、レポートの各種カスタマイズ法など、Google アナリティクスの機能を最大限に引き出せる知識を学んで頂きます。ユニバーサル アナリティクスにも対応しています。


Part1:基本用語解説
Part2:データ収集の仕組み
Part3:主なレポートや機能
Part4:指標とディメンション、アドバンスセグメント
Part5:全体の設計と諸設定
Part6:その他のレポートや機能
Part7:トラッキングコードの各種カスタマイズ
Part8:カスタムレポート
Part9:補助ツール群


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2014年12月2日 火曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2014年12月9日 火曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1103会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル11階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アナリティクス アソシエーション 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[一般申込・アナリティクス アソシエーション 無料会員] 95,040円(税込)


早割があります。