2014/07/24

リピーターの利用行動を把握して、サイトの改善に活かすには?(セグメント100選 第16回)

Web担当者Forumの2014/7/24の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/24/17915

ブログやニュースサイトのようなメディア系サイトでは、ユーザーに中長期的にわたって継続的に見にきてもらうのが望ましいでしょう。この「何回も訪問を重ねてくれているユーザー」である「おなじみさん」のことをよく知ることで、サイトをもっと良くするヒントを得ることはできないだろうか、というのが今回の趣旨です。

具体的なセグメントは下記です。
・累積9回目以降のセッションに絞り込むセグメント

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/07/17

直帰されなかったセッションを分析して、魅力あるコンテンツの共通点を探るには?(セグメント100選 第15回)

Web担当者Forumの2014/7/17の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/17/17876

高い直帰率は、とかく悪者にされがちです。今回は逆のアプローチを採ることにして、直帰しなかったセッションのセグメントを使ってよい面を伸ばそうという話です。具体的なセグメントは下記です。

・直帰以外のセッション
・直帰セッション

関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/5広告業売上、全体では2.2%増、ネットは13.7%増と5か月連続二けた増

2014/7/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で2.2%増。4月に一時的にマイナスになったが回復。テレビは7.3%増だが、雑誌/新聞/ラジオはマイナス。インターネット広告は13.7%増と5か月連続二桁増。ラジオは26カ月連続マイナス。

2014/07/10

「じっくり閲覧」する熱心な訪問者は、どこから来てどのコンテンツに興味を持っているか分析するには?(セグメント100選 第14回)

Web担当者Forumの2014/7/10の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/10/17832

閲覧頻度(一定期間のセッション数)や閲覧深度(1セッションあたりのページビュー数)のセグメントでは引っ掛かりにくいユーザーをカバーできるのが、今回紹介する「じっくり閲覧」型のユーザーのセグメントです。具体的には下記です。

・10分を超える滞在時間のあったセッションに絞り込むセグメント


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/07/03

あなたのサイトはユーザーニーズに応えていますか? 訪問動機ごとに閲覧傾向の違いを分析するには(セグメント100選 第13回)

Web担当者Forumの2014/7/3の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/03/17787

ユーザーは、なぜあなたのサイトを訪れたのか。そうした訪問意図は、「参照元」と「ランディングページ」を組み合わせることで、ある程度推測できます。そこで今回は、 訪問動機ごとに閲覧傾向の違いを分析する方法を紹介します。具体的には下記です。

・特定の参照元から訪問し、かつ特定のページがランディングページになっているセッションに絞り込むセグメント


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/06/26

ウチのメルマガは効いてるの? メルマガからの訪問に絞り込んで行動や成果を確認するには?(セグメント100選 第12回)

Web担当者Forumの2014/6/26の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/26/17748

メールマガジン(メルマガ)の役割はさまざまだと思いますが、メールマガジンの内容を読んでもらうだけでなく、自社サイトへの誘導も重要な役割の1つでしょう。そこで今回は、メールマガジン経由の訪問の行動を観察する方法を紹介します。具体的には下記です。

・メールマガジンからサイトに誘導したセッション(訪問)に絞り込むセグメント


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/06/23

Google アナリティクス解析講座(ゼミナール)の申込み(2014/8実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、Google アナリティクスの講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
Google アナリティクスのデータ収集の仕組み、トラッキングコードのカスタマイズ、計測のための準備やアカウント設計、指標やディメンションの定義、レポートに共通の機能、各レポートの見方、レポートの各種カスタマイズ法など、Google アナリティクスの機能を最大限に引き出せる知識を学んで頂きます。


Part1:基本用語解説
Part2:データ収集の仕組み
Part3:主なレポートや機能
Part4:指標とディメンション、アドバンスセグメント
Part5:全体の設計と諸設定
Part6:その他のレポートや機能
Part7:トラッキングコードの各種カスタマイズ
Part8:カスタムレポート
Part9:補助ツール群

[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2014年8月20日 水曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2014年8月27日 水曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1103会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル11階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アクセス解析イニシアチブ 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[一般申込・アクセス解析イニシアチブ 無料会員] 95,040円(税込)


早割があります。

アクセス解析講座(ゼミナール)の申込み(2014/9実施分)を開始

本ブログの筆者「衣袋 宏美」による、アクセス解析の講座になります。
内容詳細はこちらをご覧下さい。

[カリキュラム]
アクセス解析の仕組みや取得するデータの定義・意味、3大手法の特徴を知った上で、導入計画から実装、分析と運用までのプロセス、そして目的に応じた分析をするための手順と指標とその扱い方や見る頻度、各種データを解釈する上での留意点などを習得してもらいます。ツールに依存しない知識や分析手法を習得して頂きます。


Part1:訪問者の特性把握の演習とアクセス解析3手法
Part2:サイトの特徴を把握する演習とツール導入プロセス
Part3:サイトへの流入分析の講義と演習
Part4:サイト内の行動遷移分析の講義と演習
Part5:キャンペーン分析の講義と演習
Part6:KPIの設定方法、アクセス解析以外の定量・定性分析手法


[開催日時] 丸2日間、合計12時間のトレーニングプログラムです。
1日目 2014年9月2日 火曜日 (1日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)
2日目 2014年9月9日 火曜日 (2日目) 10:00~17:00(昼休み1時間)


[開催場所] 新大宗ビル FORUM8、1103会議室
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−10−7 新大宗ビル11階
(JR、東京メトロ、田園都市線、京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分)


[費用]
[アクセス解析イニシアチブ 法人会員・個人会員] 78,840円(税込)
[アクセス解析イニシアチブ 無料会員・一般申込] 95,040円(税込)


早割があります。

2014/06/20

地域によって閲覧ページや購買商品に違いや特徴がないかを分析するには?(セグメント100選 第11回)

Web担当者Forumの2014/6/19の記事をどうぞ。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/06/19/17692

インターネットは、だれでも、いつでも、どこからでも利用できるものだが、ユーザーの居住地域によって当然ユーザーの行動は変わります。そこで今回は、訪問者の居住地域別に行動特性を分析する方法を紹介します。具体的には下記です。

・「利用者の居住地域を「関東」「近畿」「九州」などの地域ブロック別に分ける」セグメント


関連リンク:
【Googleアナリティクス セグメント100選 コーナーの記事一覧

2014/06/17

2014/4広告業売上、全体では13か月ぶりにマイナス、ネットは14.1%増

2014/6/16の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で0.4%減と13か月ぶりにマイナス。新聞は0.2%増。テレビは1.4%減、雑誌は13.2%減。インターネット広告は14.1%増と4か月連続二桁増。ラジオは25カ月連続マイナス。